事業内容|ハイドログラウトA

疎彗星止水剤|ハイドログラウトA

疎水性止水剤「ハイドログラウトA」は加水反応型の一液発泡ウレタン系注入材です。

  • 止水剤製品詳細
  • 止水工事の仕組み

止水工事の仕組みと流れ

ハイドロシリーズは水と反応して硬化します。漏水している箇所へ薬剤を注入、硬化させることで止水します。止水工事の様子と流れを写真とイラストで見ていきましょう。

1.施工前

水がコンクリート壁のひび割れから染み出ています。

2.準備

現場内の配管、電線の養生を行います。
漏水量の多い箇所は、あらかじめ排水ホースを取り付けます。

3.削孔

電動ドリルにより250㎜ピッチで、漏水部に向けて躯体の厚み1/2までの深さに削孔します。

4.注入用のピンをセット

注入ピンを所定の深さまで挿入し、設置します。

5.急結セメント充填

必要があれば、
漏水部を急結セメントで充填します。

6.薬液を注入

専用注入機を使用して、薬液を圧入します。

7.薬液注入確認

急結セメント充填部や、隣接注入孔より、薬液の流出を確認します。

8.養生

注入完了後、発泡が終わるまで、養生をします。

9.止水確認

漏水が確認されたら、再度注入を行います。

10.注入ピン撤去

注入ピンをT字レンチで折り、処理します。

11.清掃

流出した注入材を片付け、清掃します。

12.注入孔処理

注入孔に急結セメントを充填します。

13.施工完了

再度漏水の確認を行い、
漏水があれば再度同じ手順で施工を行います。

お近くの施工店を探す

メンバーログイン

  • ログインしてください。
  • 

    このページの上部へ