事業内容|コンクリート壁・打継部

コンクリート・打継部|部位別問題解決!

コンクリート壁・打継部からの漏水

コンクリート壁の漏水は、主に打継部からのものが多く、施工時にできる隙間を伝って水が漏れることがあります。症状はさまざまですので、漏水量や隙間の幅などを確認した上で、止水工法を選択しています。

コンクリート壁打継部の止水工事

施工前
壁面打継部から水が漏れています。

止水剤を注入するための穴をあけ、注入ピンを取り付けます。

止水剤「ハイドロアクティブタイト」注入。発泡して硬化しています。水漏れしていた打継部に止水剤が充填されたのがわかります。

施工後
注入ピンの処理および急結セメントで充てん処理を行って完了です。

  • ハイドログラウトシリーズ施工事例
  • お近くの施工店で探す
お近くの施工店を探す

メンバーログイン

  • ログインしてください。
  • 

    このページの上部へ